美容やダイエットに効果的!水の代わりにクロロフィルウォーター

美容やダイエットに効果的!水の代わりにクロロフィルウォーター

美容やダイエットに効果的!水の代わりにクロロフィルウォーター

コールドプレスジュースショップなどで見かけるようになったクロロフィルジュース。喉が渇いた時の水分補給としてミネラルウォーターの代わりに飲むと良いそうです。

アメリカでは健康志向の強いセレブ達が、ミネラルウォーターにクロロフィルの液体を数滴たらして飲むのが流行っているとか。

透き通った緑色のジュースにはいったいどんな効果があるのでしょうか
今回はクロロフィルの効果や効果的な摂取方法についてご紹介します。

クロロフィルとは

クロロフィルは、植物や藻類の葉緑体の中に含まれている緑色の色素の事で、葉緑素とも呼ばれています。

光を沢山浴びた葉は濃い緑になりますが、これは光合成によってクロロフィルが増えたため。緑黄色野菜などの緑が鮮やかな野菜はクロロフィルがたくさん詰まっている証拠なのです。

小松菜やほうれん草、ブロッコリー、ワカメ、ニラ、春菊など、実際にクロロフィルを多く含む野菜はみな青々としています。

クロロフィルは植物の細胞の中にある葉緑体という器官の中に存在していて、光合成を行う際に不可欠な成分です。

光合成は光と水、そして空気中の二酸化炭素をもとに糖類などの有機物を合成する仕組みのことをいいますが、クロロフィルは光りを集める役目をしています。

このように、クロロフィルは光合成には欠くことのできない成分ですが、光合成をしない私たち人間には関わりのない成分。そのためこれまでは注目されていませんでしたが、近年の研究によってクロロフィルが、私たちに様々な効果をもたらしてくれることがわかってきました。

クロロフィルの効果

近年の研究によって、人間にとって良い効果があることがわかってきたクロロフィル。ここでは、クロロフィルの効果についてご紹介します

酸素を運んで貧血改善

女性に多い貧血。特に40代、50代と歳を重ねるほど貧血患者の割合は増えていきます。めまいや立ちくらみ、顔色が悪くなるのは典型的な貧血の症状ですが、耳鳴りやイライラ、動悸、体の冷えなどの症状も、貧血が原因で引き起こされる場合があります。

更年期の症状と似ていることから、特に40代後半の方は貧血の症状を更年期症状だと勘違いしているケースも多いです。

貧血の原因の多くは、血液となる成分が不足していること。血液の成分は赤血球、白血球、血小板、血漿などですが、貧血はその中でも多くの割合を占める赤血球が不足していることで起こります。

赤血球が不足すると主成分であるヘモグロビンの数が少なくなり、肺から全身に酸素を十分に送ることが出来なくなります。

すると、体のいろいろな臓器が酸欠になり、働きが鈍くなってしまい、貧血の症状として体に現れるのです。

クロロフィルはヘモグロビンの材料となるポルフィリンと構造が似ていて、体内に吸収されるとポルフィリンの代わりとなり、ヘモグロビンの量を増やしてくれることがわかっています。

クロロフィルは光合成という植物がエネルギーを作り出すときに欠かせない成分ですが、人間の体内でもヘモグロビンの量を増やして、生きるために欠かすことのできない酸素を全身に送る役割を果たしてくれているのです。

デトックスをして吸収率をアップさせよう

痩せにくくダイエットがうまくいかない、便秘がち、疲れやすい。これらの症状は、体の中に有害なミネラルや重金属が溜まっているせいかもしれません。これらの有害な成分を体の外に排出するにはどうしたらよいのでしょうか。

魚や貝類に含まれている水銀、保存料や食品添加物などに使用されている有害な成分は普段の食事に混じって私たちの体内に入り込みます。

小腸には絨毛という細かいひだが無数にあって食べたものはそこで分解され、栄養を吸収していますが、有害な成分はこの絨毛と絨毛の間に入り込んで栄養素が吸収されるのを邪魔するのです。

すると栄養を分解する酵素の働きは低下し、効率よく栄養を吸収できなくなります。これではいくらサプリや栄養ドリンクを摂取しても効果が出ませんね。疲労物質の乳酸を分解する酵素の働きも低下してしまい、疲れがいつまでも残ったりします。

そんな時にはデトックス効果のあるクロロフィルが効果的。食品添加物をはじめとする毒素の分子構造は扁平な形をしていますが、クロロフィルには扁平な形をした分子を吸着する性質があって、吸着した後は体に吸収されることなく外に排出します。

同じくデトックス効果があるものとして食物繊維がありますが、食物繊維は絨毛の間に入るには大きすぎるため、小腸の表面でしか効果を発揮できません。

しかしクロロフィルは食物繊維の5000分の1とさらに小さいので、絨毛の間に入り込んでダイオキシンなどの毒性の強いものを吸着して体の外に排出してくれるのです。

人には本来不要な成分を排出する機能がありますが、それ以上の多くの量が入ってくると排出が間に合わず、体の機能が低下します。クロロフィルで毎日少しずつ溜まっていく有害な成分から身を守りましょう。

貧血改善とデトックスが美肌効果につながる

クロロフィルには肌を美しくさせる効果もあります。これは先程の貧血改善の効果とデトックス効果によるもの。

腸に毒素が溜まっていると食べ物から摂取した栄養素が上手く吸収されませんから栄養分が不足して肌まで届かなくなります。

栄養は初めに人間が生きるために重要な臓器に行き渡り、肌に届くのは最後です。十分な栄養が無くては肌まで届けられないのです。そのため、いくらサプリや健康商品で栄養素を補給していても腸に毒素が溜まっていたら阻害されてしまいます。

デトックスすることで、今まで以上に栄養分が吸収されやすくなりその結果お肌もいきいきとしてくるのです。

さらにクロロフィルのヘモグロビンを増やす効果で、酸素が全身に行き渡るようになると肌の代謝がスームーズに行くようになり、血行不良によるクマや顔のくすみが改善されます。

ターンオーバーのサイクルも整って角質肥厚や、乾燥肌が改善されて、健康的な明るい肌になります。

またヘモグロビンは顔色にも関係してきます。ヘモグロビンは血液を赤く見せている色素でもあり、ヘモグロビンが酸素と結合していると鮮やかな赤になり、酸素と結合していない状態のヘモグロビンは青みがかった紫のような色をしています。

よく貧血の時は顔色が青くなると言いますが、これは下にある毛細血管が透けて見えた色なのです。顔色が悪いなと感じたらクロロフィルを摂取して健康的な明るい肌色に戻しましょう

脱臭、消臭効果

昔から消臭効果があるとしてヨモギや熊笹が使われてきましたが、これらは葉に含まれているクロロフィルの効果によるものです。

口臭やわきが、腐敗臭、便臭など体から出る臭いには、いろいろありますが、臭いの原因はそれぞれ異なります。

まずは汗の臭いがくさい原因ですが、体内に酸素が不足すると疲労物質である乳酸が溜まります。この乳酸自体も酸っぱい臭いを発しますが、乳酸が溜まってくるとアンモニアの濃度も高まり、汗が臭うようになります。

また、腸内にある食べ物が発酵分解してガスが発生し、それが原因で口臭や体臭がきつくなる場合があります。

腸内にガスが溜まっても便と一緒に排出されれば良いのですが、腸内に留まるとゆっくり腸壁から吸収されて血管に入り、肌から体臭が臭ったり、肺に行くと口臭となって臭う場合もあります。こういった場合は、特に鉄クロロフィリンという成分が効果的です。

クロロフィリンは脂溶性のクロロフィルを加水分解して水溶性にしたもので、鉄クロロフィリンは更に鉄を加えたものです。鉄クロロフィリンには腸内のガスを酸化分解して消臭する効果があり、口臭や体臭が気になる方にお勧めです。

クロロフィルの摂取方法

素晴らしい効果のあるクロロフィルですが、クロロフィルには厚い細胞壁があって、吸収が悪いのがデメリットです。またクロロフィルが沢山含まれているホウレンソウや小松菜などは茹でたり、炒めたりして食べますが、クロロフィルは熱に弱いため短時間で調理するように工夫しましょう。

特に茹でる場合は、長時間茹ですぎるとクロロフィルがお湯に溶け出てしまいますので、茹ですぎないようにしてください。

生野菜から摂取する場合はミキサーなどを使って細胞膜が壊れるように細かくしてから食べると吸収率がアップします。スムージーや野菜ジュースなどはお勧めです。

サプリや液体クロロフィルも便利

いかがでしたか。貧血やデトックス、消臭効果に美肌効果と様々な効果が得られるクロロフィル。

更にもっと気軽にクロロフィルの効果を得たいという方には、サプリメントや液体のクロロフィルをお勧めします。ヴィクトリア・ベッカムは錠剤で、ミランダ・カーは液体クロロフィルを普段から愛用しているそうです。

液体クロロフィルなら普段飲んでいるミネラルウォーターやスムージ―などに数滴たらして飲むだけですので、いつでも気軽にクロロフィルを摂取できますね。味も特にないので好き嫌いなく続けられると思います。
毎日少しずつ摂取して、健康的な毎日を送りましょう。

このページのトップヘ