食物繊維や鉄分が豊富!女性に嬉しい『デーツ』の美容効果とは

食物繊維や鉄分が豊富!女性に嬉しい『デーツ』の美容効果とは

みなさんはデーツを食べたことがありますか?

デーツは 中東諸国で日常的に食べられているドライフルーツです。 プルーンを細長くしたような形をしていて、一度食べたら病みつきになる美味さ。干し柿に似た味なので日本人の好みにも合いそうです。

そんなデーツにはさまざまな健康効果があり、女性や育ちざかりのお子さんにお薦め。

今回はデーツの栄養価をご紹介します。

中東諸国で親しまれているデーツとは?

デーツとはナツメヤシの実の事で、イラン、サウジアラビア、エジプトなどの中東諸国から北アフリカの国々では非常にポピュラーなドライフルーツです。

ナツメヤシは、古くから栽培されているヤシ科の常緑高木で、旧約聖書に書かれている「エデンの園の果実」や、イスラム教の聖典コーランに記載されている「神の与えた食物」はデーツだと言われています。

デーツは直径2?3cm、長さ3?5cm程度の細長い形で、赤や黄色がかった実は干すと濃い褐色に変化します。

見栄えは余り良くありませんがビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれていて、中東諸国では妊娠中の女性が毎日2、3個のデーツを食べれば、産まれてくる子が丈夫に育つと言われるほど栄養価満点。

そんな栄養価満点のデーツには、どんな栄養が含まれているのでしょうか?

βカロテンはビタミンAにもなる?βカロテンの優れた効果とは

デーツには女性に嬉しい食物繊維や鉄分などの様々な栄養素が含まれていますが、中でも豊富に含まれているβカロテンには強力な抗酸化作用があり、老化の原因となる酸化から体を守ってくれる効果があります。

体内に入ったβカロテンは、小腸で吸収されて体のあらゆる場所で抗酸化作用を発揮します。特に脂溶性分でできている細胞膜の酸化を防ぐ効果が高く、細胞が傷ついたり、死滅するのを防ぎます。

体の臓器を作っている細胞が損傷すると本来の機能が果たせなくなり、老化や様々な生活習慣病の原因となります。

例えば血液中にある脂質が酸化すると血管の壁にくっついて血液の流れを悪くします。血流が悪くなると体の隅々に栄養が行き渡らなくなり代謝が悪くなりますし、ひどくなると動脈硬化を起こすことにもなります。活性酸素を無毒化してくれるβカロテンで体の酸化を防ぎましょう。

さらにβカロテンは、ビタミンAに変化することもできる優れた成分です。体内でビタミンAが不足していると、βカロテンはビタミンAに変化し、ビタミンAの不足分を補います。

ビタミンAは肌の代謝や形成に関係している成分で、ビタミンAへと変化したβカロテンは皮膚や粘膜を健康に保ったり、免疫機能を正常に働かせるために使われます。

ビタミンAには肌の新陳代謝を活発にする働きもありますから、肌の角化を防いだり、ターンオーバーを促進したりと美肌効果まで期待できるのです。

しかしビタミンAは妊娠中に摂りすぎると奇形児になる確率が高くなるという理由から、妊娠中は積極的に摂取しない方が良いと言われています。そのため、ビタミンAに変化するβカロテンまで避ける妊婦の方もいるようです。

しかしデーツに含まれているβカロテンは、ビタミンAが不足している場合に、必要な量のみビタミンAと変化します。βカロテンによるビタミンAの過剰摂取の心配はありませんから妊娠中でも安心して食べられます。

女性やお子さんにもお薦め!亜鉛の効果

デーツに含まれている亜鉛は、男性の性欲増進作用で知られていて女性にはあまり馴染のない成分ですが、実は女性の生理不順や不妊、更には胎児にも重要な成分です。

女性の場合、亜鉛は卵巣に多く存在し、性機能に関係します。極端に不足すると、女性ホルモンの分泌が抑えられて生理周期が乱れたり、生殖機能の低下が起こり、不妊や胎児の発育の遅れなどの恐れがあります。

また亜鉛は胎児の中枢神経系の発達に必要な成分ですから妊娠中や授乳中のお母さんは特に多めに摂取してほしい成分です。

妊娠・出産した後も、骨の正常な成長や新しい肌を作ったり、免疫機能の向上のために必要となってきます

不足すると新しいタンパク質が作られなくなり、肌のターンオーバーが低下して肌が乾燥しやすくなったり、怪我が治りにくくなりますので妊娠中の女性だけでなく、育ち盛りのお子さんも摂取しましょう。

骨の形成には不可欠!リンの効果とは

デーツにはリン、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。この3つのミネラルは深く関係していて、バランスよく摂取することが大切です。

カルシウムは体内に1番多く存在するミネラルですが、そのうちのほとんどはリンと結合してリン酸カルシウムとなり骨や歯を形成します。

血液中にもカルシウムは存在していて、血液中のカルシウムが不足するとそれを補うために骨にあるカルシウムが血液中に出てきます。そうすると骨が脆くなり骨粗しょう症の原因ともなります。

またマグネシウムもリンと結合してリン酸マグネシウムとなり、多くは骨や歯に存在しますが他にも筋肉、血液、脳、神経などにも存在しています。

マグネシウムが体内で不足するとカルシウム同様に骨にあるマグネシウムが血中に溶け出てくるのですが、その時に骨にあるカルシウムまで一緒に溶け出てしまいます。こちらもカルシウム不足によって骨が脆くなり、骨粗しょう症の原因となります。

骨粗しょう症は更年期以降の女性がかかりやすい疾患です。カルシウム、マグネシウム、リンが豊富に含まれているデーツで、骨が脆くなるのを防ぎましょう。

水溶性食物繊維ペクチンの効果とは

ペクチンは果実や野菜類に含まれている食物繊維で、デーツにも豊富に含まれています。
食物繊維と言えば便秘解消の効果がありますが、太りにくくする効果も期待できる体型を気にする方に嬉しい効果があるのです。
 
水溶性の食物繊維であるペクチンは、食べた後ドロドロに溶けます。ドロドロになったペクチンは他の食べ物を包み込んで腸へと移動するので糖質やコレステロールの吸収が穏やかになり、血糖値の急上昇を抑え、インスリンの分泌を穏やかにしてくれます。

インスリンには余ったブドウ糖を脂肪として蓄える働きがあり、インスリンの過剰な分泌は脂肪を作りやすくして太る原因となるのです。そのため脂肪を溜めないためにはインスリンが過剰に分泌しなうようにすることが大切です。

ペクチンは栄養の吸収速度を穏やかにしてくれますのでインスリンホルモンの分泌が穏やかになり、糖質が脂肪として蓄積されるのを防ぎます。

さらに小腸で消化吸収されずに大腸までとどいたペクチンは、発酵して乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、善玉菌を増やします。善玉菌は腸を刺激して排便を活発にする作用がありますから、便秘の改善に効果的。

更に腸で吸収された栄養分は血液を通して体全体に運ばれます。栄養の吸収率は腸内環境に左右されますから、ペクチンなどを積極的に摂取して腸内環境を整えておくことが便秘解消にも、健康にもつながるのです。

どこで手に入る?お勧めのデーツ販売店をご紹介

こんなにうれしい効果のあるデーツ、是非試してみたいですよね。ここでは国内で販売されているデーツをご紹介します。

無印良品

MUJIショップの他に、一部のコンビニでも取り扱いがあるのでチェックしてみては如何でしょうか。

//www.muji.com/jp/shop/?area=header

ファーイーストバザール

ドライフルーツやナッツを扱うお店です。都内では渋谷ヒカリエの地下二階や二子玉川駅前の東急FoodShowの地下一階、大阪ではJR大阪駅エキマルシェ大阪など、その他数店舗展開しています。気になる方はHPをチェックしてみて下さいね。

//fareastinc.co.jp/shop-%E5%BA%97%E8%88%97

また自宅の近くではデーツが手に入らないという方には通販がお勧めです。

NOVA Select

Nova Selectは埼玉県にある有機ドライフルーツ、有機ナッツ有機小麦粉などの扱う輸入販売を行っている会社で、通販にて有機デーツが手に入ります。

//www.nova-select.jp/products/products-cat/dryfruit

LIVING LIFE MARKETPLACE

ローフードとオーガニックの専門店LIVING LIFE MARKETPLACEでは、日本ではなかなか手に入らないフレッシュデーツを通販にて販売しています。

//www.livinglifemarketplace.com/2/FRUITS/DATES.html

デーツを使ったお菓子HAPPY DATESとは?

この他に、デーツを使ったお菓子、HAPPY DATESがUHA味覚糖から発売されています。デーツを主成分にナッツやカカオを練りこんだお菓子はマドンナのプライベートシェフをしている西邨(にしむら)マユミさんがプロデュースしたもの。

カロリーは全て100kcal程度と低く、原材料も100%植物性素材を使ったスイーツです。
デーツをそのまま食べるのは苦手という方は、こちらを試してみてはいかがでしょうか。HAPPY DATESは全国のドラッグストアで購入可能です。

お砂糖の代わりとしても使える!デーツペースト

ヴィーガンやマクロビオティックの方たちが、白砂糖の代わりとして使うこともあるデーツペースト。

デーツペーストとは、デーツをフードプロセッサーでペースト状にしたものです。
デーツを購入したのはいいけど味がダメだったという方も、デーツペーストを砂糖替わりに使ってみてはいかがでしょうか。食物繊維や鉄分、ミネラルを摂取できるのでお勧めです。

作り方はとっても簡単。種を抜いたデーツをお湯の中でふやかしておきます。水分を含んで柔らくなってきたら、お湯ごと全てフードプロセッサーに入れて混ぜれば完成です。デーツとお湯の基本的な割合はデーツ2:お湯1です。

もっと甘さが欲しい時は塩を少々加えると甘さが増します。また香り付としてレモンやバニラエッセンスを加えても良いでしょう。

瓶やタッパーに入れて冷蔵庫に入れれば一週間程度保存可能。クッキ―などのお菓子作りの他にヨーグルトに混ぜたり、焼きリンゴにかけたりと甘みをプラスしたい時に使えます。

おやつに食べよう!デーツを使ったお菓子も

いかがでしょうか。デーツは妊娠中の女性や育ちざかりのお子さんにもお薦めのフルーツでしたね。小腹がすいた時や、お子さんのおやつ代わりとしてデーツを2~3個程度食べると良いでしょう。

デーツの本場中東諸国では、高級ホテルのお土産屋さんで売っている物から現地のスーパーで気軽に購入できるものまで値段もグレードも様々です。

そんな中、デーツのブランドで1番有名なのがサウジアラビアに本店を持つバティール(Bateel)。

バティールは、サウジアラビア王国御用達のデーツで、ドバイの国際空港にも店舗を構えています。デーツにチョコレートをコーティングしたものや、デーツの種をとった部分にオレンジピールやくるみなどのナッツを挟んだものなどもあり、中東諸国の定番のお土産となっています。

過去に期間限定で伊勢丹や三越で販売していたようですが、残念ながら現在は日本国内での販売はしていないようです。他のデーツと比べても格段においしいバティール、機会があれば是非試してみてください。

このページのトップヘ