発酵スキンケア・エムキュアプラストライアルセット

エムキュアプラストライアルセット口コミ体験レビュー

植物性発酵食品「万田酵素」ってご存じですか?
健康意識の高い方に人気の酵素サプリメントです。

その万田酵素の力をスキンケアに取り入れたものが、今回トライアルする植物性発酵スキンケア「Mcureplus エムキュアプラス」。

サプリメント愛用者の強い要望から生まれた化粧品だそうです。

私は今までに発酵系コスメはいくつか試したことはあるのですが、それらはすべてコメを発酵させたコスメでした。(リンク)
植物を発酵させた成分のコスメを試すのは今回の「エムキュアプラス」が初めてなので、とても楽しみ。

また「エムキュアプラス」は年齢とともに弱まる保湿力を重視した化粧品だそうで、その効果もとても気になるところです。

大人肌の美しさを左右する保湿。
いかに自分に合う形で保湿するか、それが大切なんですよね。

エムキュアプラスで十分なうるおいを実感できるでしょうか?
それでは今から「エムキュアプラス」を紹介していきますね。

オリジナル成分「植物性発酵エキス」

エムキュアプラスの全アイテム配合されている「植物性発酵エキス(万田酵素抽出液)」は、発酵食品の「万田酵素」がもとになっています。

万田酵素のルーツは因島で元禄時代から十代にわたって続いた老舗の造り酒屋。
この良質な発酵食品の製造には、気温や温度といった自然環境や微生物の働き具合など、酒造りを行う上での知恵と技術が必要不可欠だったそうです。

「植物性発酵エキス(万田酵素抽出液)」には、万田酵素で使われている原料53種類から24種類の植物を厳選して使用。植物の有用成分を存分に活かすため果実などは皮も種も丸ごと使っています。

また自然発酵にこだわるため、発酵・熟成の過程では熱や水を一切加えないこだわりぶり。
その発酵の過程で、さまざまな美肌成分が作られるそうです。

万田酵素の高度な経験と技術から、このオリジナル成分「植物性発酵エキス(万田酵素抽出液)」は生まれたんですね。

このエキスは肌になじみやすく保湿力に優れ、うるおいやハリ・ツヤを与えてくれるそうです♪

~「植物性発酵エキス」(万田酵素抽出液)に使われている24種類の植物性原材料~
◎果実
温州みかん、ネーブルオレンジ、ハッサク、夏みかん、バナナ、りんご、パイナップル、柿
◎穀物・野菜
米、大豆、胡麻、ニンジン、にんにく、ごぼう、れんこん
◎海藻
昆布、ヒジキ
◎その他
山ぶどう、アケビ(2種類)、マタタビ、黒糖、デンプン、蜂蜜

含まれている原材料は普段、私たちが口にする果物や野菜など。
肌にやさしい上、美肌効果ももたらしてくれるんですね。

4つの国産植物エキスと肌へのやさしさ

エムキュアプラスには「植物性発酵エキス」の他にも4つの国産植物エキスが、美肌成分として全アイテムに配合されています。

・「サクラ葉エキス」・・・・・・・・・肌荒れをケアします。
・「ユキノシタエキス」・・・・・・・・キメを整えます。
・「ウンシュウミカン果皮エキス」・・・角質を柔らかくします。
・「ウメ果実エキス」・・・・・・・・・うるおいを与えます。

また肌へのやさしさを考え、パラペン(防腐剤)、香料、着色料、鉱物油フリー。

肌に負担をかけるものをなるべく排除し、果実・穀物・野菜・海藻由来の肌によい成分を配合した化粧品でケアすることで肌の美しさと健康を叶える。
使えば使うほど毎日のお手入れが楽しくなるスキンケアを目指しているそうですよ。

エムキュアプラストライアルセットの内容

・洗顔料(保湿洗顔フォーム)15g
・化粧水(ジェル化粧水)12ml
・美容液(ジェル美容液)5g
・乳液(保湿乳液)12ml
・クリーム(夜用保湿クリーム)2.5g×2包
・ミニ泡立てネット

またプレゼントとして、各アイテムのパウチが1つづつ、ついています。

約7日分で1522円(税込)。送料無料。
では実際に使ってみますね。

エムキュアプラストライアルセットを実際に使ってみます

洗顔料

<写真>
主な成分:万田酵素抽出液(小麦由来)(保湿)、サクラ葉エキス(肌荒れケア)、ユキノシタエキス(キメを整える)、ウンシュウミカン果皮エキス(角質を柔らかに)、ウメ果エキス(うるおい)など

<写真>
白いクリーム状の洗顔料です。
チューブから3~4cm出し、付属のネットで泡立てます。

キメ細かい泡でクリーミィー。
かすかに柑橘系の香りがします。付属のパンフレットを見ると天然グレープフルーツ精油が入っているようですね。

<写真>
洗い上がりは、しっかり汚れや皮脂が落ちた感じがします。
ですが肌のツッパリは感じませんでした。

化粧水

<写真>
主な成分:万田酵素抽出液(小麦由来)(保湿)、サクラ葉エキス(肌荒れケア)、ユキノシタエキス(キメを整える)、ウンシュウミカン果皮エキス(角質を柔らかに)、ウメ果エキス(うるおい)など

<写真>
珍しいジェル状の化粧水です。
付属の説明書には使用量は5~7プッシュとありますが、トライアルはチューブ状なので私はパール粒3個くらいを使いました。

<写真>
手の平にとり体温で溶かします。
ジェル状だったものが、トロみのあるみずみずしい化粧水に変わります。

それから顔全体を包み込むようになじませます。

<写真>
肌にのせた時サラサラしすぎていないので、肌の上でととまるように浸透していきます。
肌がみずみずしくなっていくのを感じます。

浸透力はとても良い感じです。
濃密な感じはしますがベタつきはありません。

美容液

<写真>
主な成分:万田酵素抽出液(小麦由来)(保湿)、サクラ葉エキス(肌荒れケア)、ユキノシタエキス(キメを整える)、ウンシュウミカン果皮エキス(角質を柔らかに)、ウメ果エキス(うるおい)、キダチアロエエキス-2(保湿)、褐藻エキス(保湿)、アシタバエキス(保湿)など

<写真>
寒天のようなジェリー状です。
化粧水もジェル状でしたが、もっと硬めです。
使用量はパール粒大3個分。

<写真>
手の平にとってから、指先を使って顔全体にやさしく伸ばします。
下から上へリフトアップするように伸ばすのがポイントだそうです。

硬めのジェリー状なので肌に塗るのは少し難しいかなと感じたのですが、肌にのせ伸ばしていくと、どんどん溶けていき吸収されモチモチしてきます。
肌を触ると少し粘着する感じ。

面白い感触です。
栄養を与えジェリーの膜でフタをしたようです。

目もと、口もとなど乾燥が気になる部分は重ね塗りします。
この美容液の時点で肌はかなりうるおっています♪

それもそのはず。
3つの植物由来の保湿エキスが、この美容液にはさらにプラスされているそうです。
(主な成分中の「キダチアロエエキス」「褐藻エキス」「アシタバエキス」)

十分なうるおい感です♪
とても気に入りました。

使用量はパール粒大3個分とありますが、もう少し少なめでも大丈夫なくらい。
実際、朝は少なめに使いました。(私の肌質は混合肌オイリー寄りです)

手の平が吸い付くように感じたら美容液がなじんだサイン。
次の乳液へすすみます。

乳液

<写真>
主な成分:万田酵素抽出液(小麦由来)(保湿)、サクラ葉エキス(肌荒れケア)、ユキノシタエキス(キメを整える)、ウンシュウミカン果皮エキス(角質を柔らかに)、ウメ果エキス(うるおい)など

<写真>
使用量は3~5プッシュ。
さらっとした感触です。

フェイスラインにそって引き上げるように顔全体になじませます。
伸びはいいのですが一つ前の美容液でかなり肌がモチモチ、そして粘着しているので、伸ばそうとすると少し摩擦を感じます。

<写真>
ですが、ゆっくりとなじませ、最後に両手でハンドプレスしたら、しっかりつきました。
この乳液で少し油分のヴェールを与える感じでしょうか。
でもベタつきはありません。

美容液を使ったモッチリ感が、さらに強くなる感じです。
少しサッパリ目に仕上げたい朝は、一つ前の美容液を抜かして、化粧水の後この乳液を使ってみたのですが、それでも肌が乾燥したりツッパることもなく、きれいにファンデーションもつきました。

クリーム

<写真>
主な成分:万田酵素抽出液(小麦由来)(保湿)、サクラ葉エキス(肌荒れケア)、ユキノシタエキス(キメを整える)、ウンシュウミカン果皮エキス(角質を柔らかに)、ウメ果エキス(うるおい)など

<写真>
うっすら生成り色の夜専用クリームです。
使用量はパール粒大2個分。とてもリッチな感触です。

目もと、口もとに伸ばします。
伸ばしたあと手の平に残ったクリームを、両手で顔全体に伸ばします。
それからハンドプレス。

<写真>
美容液、乳液と続き、夜はこのリッチなクリーム。
エイジングケアらしい、濃厚な使い心地です。

ケアした感、満載です。(笑)
ですがベタつきや重い感じもしません。
満足です♪

エムキュアプラストライアルセットを使ってみた感想まとめ

発酵コスメ好きの私が、期待を込めて植物性発酵スキンケアを使ってみましたが、期待を裏切ることなく、とても良い化粧品でした。
また感触も独特で使っていて楽しかったです♪

私の肌にはとても合っていたと思います。(混合肌オイリー寄り)
まず保湿力が高い。
それなのにベトつかない。

特に「ジェリー状美容液」の効果は高かったと思います。
肌がモチモチにうるおいます。

夜にこの美容液と最後のリッチなクリームを含めたライン使いをすることで、寝ている間に肌をたっぷり保湿してくれる感じです。

私のように日によって美容液を少なめに使ったり、朝は美容液を抜かしたり、また反対に使うクリームの量を増やすなど、使う量を調整することで、オイリー肌の人から乾燥肌の人まで幅広く使える化粧品ではないかなと思います。

保湿力はほしいけれど、ベタつきは嫌という人は結構多いはず。
そういう人たちに是非ためしてほしい化粧品です。

このページのトップヘ