POLA モイスティシモ2週間トライアルセット口コミ体験レビュー

POLA モイスティシモ2週間トライアルセット口コミ体験レビュー

今回レビューするのは、大人のための高保湿スキンケア化粧品。
「POLA モイスティシモ」です。

POLAといえば有名な老舗の化粧品メーカー。
そのPOLAが大人の女性のために作った化粧品って、どんなものなんでしょうか?

その効果が気になります!

POLA公式サイトへ

細胞レベルから、うるおう力へ

<写真>
どんなに保湿しても物足りない。
そう感じている女性は多いのではないでしょうか?

肌が乾燥する原因は、ただの潤い不足ではなく、角層細胞自体が機能低下しているからかもしれません。

肌の一番外側にある角層は、ゆで卵の薄皮くらいの厚さしかない、わずか0.02mmほどの薄い膜。
この角層細胞の状態が肌の潤う力を左右する、とても重要な役割を担っています。

角層細胞の大きさが均一的・規則的であれば、肌の内部は紫外線や乾燥といった外部環境から守られ、保湿力を保つことができます。

しかし角層細胞の大きさが不揃いで不規則的であれば、外部環境から肌の内部を守ることができず、肌は潤いを保てなくなってしまうのです。

肌の乾燥は、シワやくすみ、ハリの低下を引き起こし、見た目年齢にも大きく関わってきます。

POLA「モイスティシモ」は、角層の潤いを追求して作られた化粧品です。

含まれているのは「オウレンエキス」や「サクラエキス」といった保湿成分。
角層を整え、潤いに満ちた柔らかで吸いつくような、もっちりとした肌へ導いてくれるそうです。

POLA モイスティシモ2週間トライアルセットの内容

ポーラモイスティシモ保湿化粧品のトライアルセットを購入しました。肌なじみなどを紹介します。
・クレンジング 20g
・洗顔料 20g
・化粧水 20ml
・乳液 8ml
・クリーム 4g

以上5点で3456円(税込)。
【送料】0円(全品送料無料キャンペーン中のため)

では、実際に使ってみます。

POLA公式サイトへ

モイスティシモトライアルセットを実際に使ってみます

クレンジング

ポーラモイスティシモお試しセットに入っていたクレンジングクリームで実験します。

主な成分:ミネラルオイル、グリセリル、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキスなど

クリームタイプのクレンジングです。
まず、目もと・口もとはコットンにクレンジングをつけて先にふき取ります。

とてもなめらかで濃厚なクレンジングクリームです。

ポーラモイスティシモのクレンジング力を調査中。
写真はアイライナー、口紅、アイシャドウを手に書いて試したものです。
クリームをなじませてから、ふき取ると、ポイントメイクが落ちやすいですよ。
ポイントメイクはなじませてから拭き取ると簡単に落ちました。ポーラモイスティシモ クレンジングクリームの使用感報告中。
次はベースメイクです。
使用量さくらんぼ1粒大を手に取り、顔にのせていきます。

メイクを浮き上がらせる感覚で、らせん状になじませます。
ファンデーションもきれいに落ちていきます。

ポーラモイスティシモ クレンジングクリーム(メーク落とし)でアイライナー・アイシャドウを落としている所。
今までいろんなブランドのクレンジングを試しましたが、その中でも「モイスティシモ」のクレンジングはかなり濃厚なタイプだと思います。

モイスティシモクレンジングを使ってみているところを写真つき口コミ中。
なじませている時でさえ、肌が潤っていくのを感じます。

ポーラモイスティシモクレンジングクリームの使用感を写真つきで口コミ中。
水またはぬるま湯で洗い流した後の肌は、かなりしっとりしています♪
少し艶っぽささえ感じるくらいです。

若い頃は強すぎるクレンジングで、肌に必要な皮脂やうるおいまで落とすことがあったかもしれませんが、今の私たち世代には厳禁です!

年齢の進んだ肌だからこそ、クレンジングにはこだわりたいですよね。

「モイスティシモ」のクレンジングは、うるおい力の低下した大人肌に、また秋や冬など乾燥が進む季節にピッタリのクレンジングではないかなと、実際に使ってみて感じました。

洗顔料

ポーラモイスティシモ洗顔料の泡立ちなどを写真つきで口コミ中。

主な成分:グリセリン、ステアリン酸、ラウリン酸、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキスなど

洗顔料はチューブ状で、使用量は朝0.5cm、夜1cm使います。

まず顔全体をぬらします。
そして使用量を手に取り、水またはぬるま湯を加えて泡立てます。

ポーラモイスティシモ洗顔料の泡立ち報告。
泡の目安はレモン1個分くらい。
私は洗顔ネットを使いました。

皮脂の多いTゾーンから洗っていきます。
それから顔全体を包み込むようにやさしく洗います。

とてもクリーミーでキメ細かい泡です。
リッチな大人の洗顔料という感じでしょうか。

すすぎ残しがないよう、よく洗い流します。
洗顔後の肌はしっとりとやわらかいです♪

化粧水

ポーラモイスティシモ ローション(保湿化粧水)の肌なじみ口コミ中。

主な成分:グリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、ゴボウエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキスなど

使用量は大きめの100円玉大くらい。
手に取って、顔全体になじませます。

とってもトロミの強い化粧水です。
これくらいトロミのある化粧水はあまりないかもしれません。
ポーラモイスティシモ保湿化粧水の肌なじみについて。感想口コミ中。
肌への浸透はいいですね。
ゴクゴクと肌が吸収していきます。

今まで香りについては触れていませんでしたが、「モイスティシモ」はシリーズすべて同じ、ジェントルフローラルの香りです。

女性らしくて、とても化粧品らしい香り。

ただ私は普段あまり香りのある化粧品は使わないので、もう少し香りが弱くてもいいかなと思いました。
ですが決してキツい香りではありませんよ。

化粧水が浸透した後の肌の状態は、しっとりとうるおっています。
ここまで使ったアイテムは、すべて乾燥を意識した保湿力の高いものですね。

次の乳液、クリームの使い心地も期待が膨らみます。

乳液

ポーラモイスティシモ保湿乳液の肌なじみ報告。

主な成分:グリセリン、ミネラルオイル、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解水添デンプン、加水分解ローヤルゼリータンパク、ソウハクヒエキス、ゴボウエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、紅藻エキスなど

使用量は1円玉大くらいです。
手に取り、顔全体になじませます。

ポーラモイスティシモスキンケアの乳液の肌なじみ報告。
この乳液は濃厚というよりも、少しトロリとした、みずみずしいテクスチャーです。
とてもよく伸びます。

あっという間に肌になじみました。

HPを見ると「左右の手のひらを合わせて、少し温めてから顔全体を包み込むようにして密着させると、より肌への浸透感が高まる」と書いてあります。

そのようにしてみます。
ポーラのモイスティシモ乳液の質感報告。
乳液がより一層、肌の奥にグッと入っていく感じがしますね。
この乳液は肌をやわらかく整え、うるおいを長時間保ってくれるそうです♪

乳液がなじんだ後の肌は、うるおい度もさらにアップしています。

クリーム

ポーラモイスティシモ保湿クリームの肌なじみ報告。

主な成分:グリセリン、ワセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリグルタミン酸Na、加水分解ローヤルゼリータンパク、紅藻エキス、ソウハクヒエキス、ゴボウエキス、オウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキスなど

このクリームは、夜のケアにだけ使います。

半透明なジェル状のクリームです。
使用量は小さめの真珠1粒くらい。

ポーラモイスティシモ クリーム(保湿クリーム)使う順序報告。
手に取り、顔になじませます。
使う量は少なめですが、とてもよく伸びます。

一般的にジェル状のクリームは、わりとサッパリしたものが多いのですが、このクリームは濃厚です。
肌をまろやかに包んでくれます。
ポーラ化粧品の保湿ラインのモイスティシモクリームを使った感想口コミ中。
たっぷりの保湿成分が凝縮して入っていて、使用することでもっちりとした肌へと導いてくれるそうですよ♪

夜の最後の仕上げにピッタリのアイテムです。

すべてのアイテムを使い終わった後の肌は、潤いがすみずみまで行き渡ったように、内側からしっとりと潤っています。

モイスティシモトライアルセットを使ってみた感想まとめ

「大人のための高保湿スキンケア」というキャッチコピーどおり、本当に保湿力の高い化粧品だなと思いました。

他ブランドでも保湿力の高さを謳っている化粧品は数多くありますが、実際に使ってみるとベタつきが強かったり、逆にあまり保湿を感じないものもありました。

その点POLA「モイスティシモ」は、大人の肌に必要な潤いや保湿をとても理解して作られているなと感じます。

加齢による肌の乾燥は、表面的な潤いを与えるだけでは追いつかなく、肌の内側までしっかりと潤すケアが必要。

「モイスティシモ」は、その効果が期待できるのではないかなと思います。

乾燥が気になる人や、エイジングケア化粧品を探している人に、オススメの化粧品です。

お得なトライアルセットを
確認するにはココをクリック!

このページのトップヘ