生青汁口コミ体験レビュー

生青汁口コミ体験レビュー

「生きた酵素」と「生きた乳酸菌」をギュギュッと濃縮した「生青汁」。
「生」にこだわった青汁は日本初なんだそうです。

「酵素」は新鮮な生野菜や果物などに多く含まれるのですが、意外なことに一般的な青汁に「酵素」は含まれていません。

なぜかというと、青汁は製造過程で高温加熱処理をされてしまうから。
熱に弱い「酵素」は、その時点ですべて破壊されてしまうのだそうです。

今回レビューする「生青汁」は採れたての新鮮な青葉を丸ごと粉砕し、低温でゆっくり乾燥させる『低温乾燥製法』で作られています。
そのため「酵素」が破壊されず生きたまま体の中に届くそうです。

もう一つの「乳酸菌」も同じように熱に弱い性質を持つのですが、これも『低温乾燥製法』のため生きたまま胃や腸へ届いてくれます。
なんと乳酸菌は1杯に201億個も含まれているそうですよ!

とても体に良さそうな青汁ですね。
では今からレビューします。

生青汁公式サイトへ

「生青汁」の特徴・成分

酵素と乳酸菌を配合している生青汁の紹介です

「生青汁」の特徴は、初めに書いたとおり生きた「酵素」と「乳酸菌」。
では、それぞれどういう働きをするのか見てみましょう。

☆酵素
体の中でつくられるタンパク質の一種で、人が生きていく上で必要不可欠な物質です。

食べ物を消化分解、吸収するだけでなく代謝や排泄にいたるまで、あらゆる過程に関わっています。
ホルモンバランスの改善やダイエットにも効果があるなど、さまざまな働きをします。

健康でいるために「酵素」はなくてはならないものなのですね。

しかし「酵素」を体内でつくる量には個人差があり、また加齢とともに減少するそうです。
だから食べ物で酵素を補ってあげる必要があるんですね。

☆乳酸菌
乳酸菌を含む食材には味噌や醤油、チーズやキムチなどあり、昔から体に良いものとして食されてきました。

乳酸菌の効果としては「整腸作用」が有名ですが、それ以外にも次のような効果があります。
・免疫力アップ
・花粉症などアレルギー症状の改善
・悪性(がん)の抑制
・肌あれ改善      など

「酵素」も「乳酸菌」も本当に体に必要なもの。それらが、この「生青汁」で簡単に摂れるんですね。

また、「生青汁」には原料として自社管理生産の4種類の国産青葉が使われています。
①大麦若葉 ②ケール ③明日葉 ④緑茶・ほうじ茶

そして香料・食塩・保存料不使用です。

体に良いものが、ふんだんに詰まった「生青汁」。
飲み続けると、とても健康になれそうです。

「生青汁」もう一つの特徴

お酒にもよく合う生青汁は色々なお酒と割って飲むのも楽しい

「生青汁」には、もう一つ、うれしい特徴があります。
それはお酒に合うように仕上げられているということです。

ハイボールや酎ハイ、ビールなどと合わせても、とてもおいしいのだそうです。
お酒は飲みたいけれど、健康も気になるという人にはピッタリの青汁ですね。

都内を中心に居酒屋・バー・クラブなど700店舗で「生青汁」を使ったドリンクが取り扱われているそうですよ。

またお酒だけではなく、お料理やコーヒーに入れる人もいるようです。
いろんな摂り方があるんですね。

それでは実際に飲んでみます。

生青汁公式サイトへ

生青汁を実際に飲んでみます

~お水で飲んだ場合~

生青汁を水で飲んでいこうと思います

封を開け、まず粉末の状態でなめてみました。

かすかに甘さを感じます。
原材料を見ると粉末還元麦芽糖水飴とオリゴ糖が含まれていますね。

色はうぐいす色に茶色を混ぜたような色です。
茶色は原料の「ほうじ茶」の色でしょう。

150ccの冷水を注ぎます。
スプーンで混ぜる必要がないくらいサッと溶けます。

溶けると色がとても濃くなります。深緑色。
しかし緑茶の香りなどは、あまり感じません。

味はどうでしょうか?実際に飲んでみますね。

クセや苦味、えぐみはないです。
粉っぽさもなし。

説明書に書いてある通り150ccのお水で溶くと、味が少し薄い気がします。
おいしいのですが他の青汁に比べて、あっさりしすぎているような・・・。

お水のようにゴクゴク飲めてしまいます。

しかし「お酒に合うように仕上げられた青汁」ということなので、酎ハイやハイボール・ビールに合わせることを考えると、これくらいあっさりしている方がいいのかもしれませんね。

~お湯で飲んだ場合~
150ccのお湯で溶きます。
スプーンでかき混ぜるとサッと溶けますね。

通常、青汁は水よりもお湯で飲んだ時のほうが少しトロミがでる気がするのですが、「生青汁」はお湯で溶いてもトロミはまったくなくサラサラしています。

お水の時には感じなかった緑茶の香りがかすかにします。

飲んでみると水で溶いた時と同じように、クセや苦味はまったくなく飲みやすいです。
粉っぽさもありません。

お湯で飲んだ場合も味はあっさり目ですね。
お水の時と同様、ゴクゴク飲める感じです。

後味もスッキリしています。

生青汁を飲んでみた感想まとめ

生青汁を飲んでみた感想をまとめました

「生青汁」の特徴である「生きた酵素」「生きた乳酸菌」が入った青汁は珍しく、通常の野菜不足を補うことだけを目的とした青汁とくらべ、とても体のことを考えつくられた青汁だなと思いました。

またお酒に合わせやすいというのもポイントで、お酒を飲む人には続けやすい青汁なのではないでしょうか。

味自体があまりない、本当にクセや苦味のない青汁なので、料理などにもたくさん使えそうです。

個人的には、お水やお湯で溶いて純粋に「青汁」として飲む場合は、ややあっさりしすぎている気がして、もう少し葉の味がする青汁の方が好きだなと思いました。

しかし青汁に苦味やえぐみがあるとイメージしている多くの人には、おいしいと感じる青汁だと思います。

味の好みや摂り方によって、青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

30日間返金保証制度もついていますし、サンプル販売(6包500円。送料無料。クレジット購入のみ)もあるので、気になる人は一度「生青汁」を試してみるのもいいと思いますよ。

お得なトライアルセットを
確認するにはココをクリック!

このページのトップヘ