ORifER(オリファ)発酵美養液お試しセット口コミ体験レビュー

ORifER(オリファ)発酵美養液お試しセット

米ぬかと大豆と綺麗な水で出来た無添加美容液。
それが「ORifER(オリファ)」です。

「ORifER(オリファ)」は「株式会社 東洋発酵」から発売されています。

「株式会社 東洋発酵」は健康食品と化粧品事業を生業とする企業に「発酵」という価値を生かしたサービスを提供する会社。

発酵をベースとした新素材の企画・提案から、研究開発・製造まで行なっています。

これまでに、納豆菌・乳酸菌・カビ・酵母・放線菌など、数多くの微生物を用いた発酵物の開発・研究を行ってきたそうです。

「オリファ」は、そんな発酵のプロメーカーから生まれた美容液。

発酵系スキンケア化粧品は色々なメーカーからが発売されていますが、「オリファ発酵美養液」の使用感はどうでしょうか?

今から詳しく書いていきます。

オリファ公式サイトへ

「オリファ発酵美養液」の特長

「オリファ発酵美養液」の「美養液」という漢字。
一般に使われる「美容液」とは違いますね。

これは「からだにやさしく、肌をすこやかに育み、心も豊かになってほしい」という思いから、製造メーカーである東洋発酵が名付けたそうです。

「オリファ発酵美養液」の最大の特長は、発酵原液「CERABIO(セラビオ)」という成分。
大豆と米ぬかを発酵させることで生まれた、天然由来100%の美容成分です。

東洋発酵は「悩み別に様々な美容成分を揃えるのではなく、国産原料を使用し、国内製造、国内生産にこだわった一滴で、悩める人にハリやうるおいを与えたい」と考えたそうです。

「オリファ発酵美養液」に含まれるのは「セラビオ」と「水」だけというシンプルな処方。

そして原液を贅沢に使用したいという研究者のこだわりから、高濃度の「セラビオ」配合(40%)が可能になりました。

そんな「オリファ発酵美養液」は単純に外からうるおいを与えるのではなく、肌本来のハリやツヤの感触を実感できるそうです。

また「界面活性剤」「旧指定成分」「化学合成ポリマー」「オイル」「着色料」「香料」「鉱物油」などの添加物はゼロ。

使いきりタイプにすることで、「防腐剤」までフリーにすることを実現したそうです。

肌に負担になる余分な成分をすべてカットし、本当に肌に良いものだけが詰まった美養液なんですね。

ORifER(オリファ)発酵美養液お試しセットの内容

オリファ美容液を実際に使ってみた感想報告。
・内容量 2ml×6本

6日分です。
送料無料。

通常2592円(税込)がトライアル価格で1296円(税込)。
それが今だけ1000円(税込)になっています。

オリファ公式サイトへ

ORifER(オリファ)発酵美養液を実際に使ってみます

バチルス酵素により発酵された発酵エキスの美容液。中身は濃厚ですがベタベタしたりしません。

主な成分:バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液(保湿成分)、水

「オリファ発酵美養液」は、先行美容液です。

毎日行う夜のスキンケアにプラスして使います。
通常の美容液とは違い、使うのは洗顔後の一番最初。

先行美容液の特長は、洗顔後のクリアな肌に使用することで、肌をやわらかくする効果があり、その後に使う化粧水や乳液に含まれる美容成分の肌への浸透をより高めます。

そして、使い方にもう一つ特徴があります。
使う量は1/3ずつ。
1本を3回に分けて使います。
オリファ美容液の1回目。これはまだ3分の1ではありません。
まず、プラスティックの容器の口を切り、中身の1/3を手に取ります。
そして肌にのせていきます。

この美養液、とてもサッパリしていて、まるで化粧水のようです。
トロミはまったくありません。

だから、こぼれないよう、少しずつ肌につけていきます。
オリファ美容液を残りの3分の1使って保湿。
1/3の量ですが、量は少なくありません。
これが×3なので、1本の量は十分だと思います。

肌全体につけ終わったら、頬を10秒間手の平でゆっくり押さえて肌になじませます。
それから口周り、額、目も同じように行います。

そして、手の平に残った液を、首、デコルテ、手の甲など年齢が出やすい部分にも伸ばします。

この手順を3回繰り返します。
(1本は必ず使い切るようにします)

肌につけている感覚は、匂いもなく本当にサッパリしているため、美容液を使っているという感じがあまりしません。

ですが、3回目の美養液がなじんだ後、鏡で肌を見てみると、なんとなく肌のくすみが取れているような気がします。
オリファ美容液の肌なじみを写真つきで口コミ報告中。
(勘違いかなとも思ったのですが、翌日のケアの時も同じように肌のくすみが取れた感じになり、肌が
うっすらと明るくなりました)

手順を3回し終わったら、いつもの手入れをし、油分を補います。

「オリファ発酵美養液」には油分がまったく含まれていないため、これでケアを終わってしまうと、肌の状態によっては乾燥を感じる場合もあるそうです。

なんだか、くすみが取れ、きれいになった肌の上に、何かをつけるのがもったいない気もするのですが、レビューしている今は11月という乾燥の進む季節ですので、この後、いつもどおり化粧水とクリームでケアをしました。

すると、先ほどまでの、くすみが取れた肌が、また元に戻ったようになってしまいました。
決して私が使っている普段のケア化粧品が合わないわけではないのですが。

それほど「オリファ発酵美養液」を使った直後の肌が、くすみが取れ、明るかったのかなと思いました。

ORifER(オリファ)発酵美養液を使ってみた感想まとめ

夜の洗顔後の一番最初につけるだけという、とてもシンプルなケアですが、効果は感じました。
肌のくすみがうっすらと取れ、肌が明るくなったのには驚きました。

またシンプルなケアなので、毎日続けやすいという利点もあると思います。

発酵原液「CERABIO(セラビオ)」は、肌本来が持っている働きを呼び覚まし、輝きのあるハリ肌に整える成分なんだそうです。

今回のお試しでは、つけた直後の効果しか感じることはできませんでしたが、使い続けることで、うるおいのある肌質へ変わる、そんな期待の持てるアイテムではないかなと思いました。

また珍しい使いきりタイプなので、衛生面でも安心。
旅行などへの携帯もしやすいなと思いました。

お得なトライアルセットを
確認するにはココをクリック!

このページのトップヘ